トイレの水漏れが起きた場合の対処法の基本

トイレの水漏れが起きた場合の対処法の基本 水回りのトラブルを修理する業者のコマーシャルをしばしば見かけませんか?また自宅のポストに業者のマグネットが入れられていて、冷蔵庫に貼っている方もいるでしょう。なぜこのように大々的に宣伝しているか、どの家庭でも起こりうることだからです。決して頻繁に起きる問題ではないのですが、いったん起きてしまうと被害が拡大しかねません。特にトイレの水のトラブルの場合、直るまで使用できなくなるので不便です。もしトイレの水漏れなどの問題が起きた場合、どのように対処すればいいのでしょうか。

■誰でもできる応急処置をしよう

トイレで水漏れが起きた場合、どうしたらいいかわからずパニック状態になってしまうかもしれません。しかしここは落ち着いて、冷静さを失わないことです。専門知識を持たない素人でもできる初期対応があるからです。その対処をしているかどうかで、被害を少しでも抑制できます。まずやるべきことは水の流れを止めることです。特にレバーが故障して水が流れっぱなしになっている際にはしっかり行いたいところです。止水栓を止めるのが有効ですから、パイプの途中を探しましょう。ハンドルを回せるような溝になっているところが止水栓となります。もしどうしてもこのようなものが見つからなければ、元栓を止めることです。こうすればトイレを含め、家の中全体の水流を止められます。水道メーターの近くにレバーがついているはずです。これを閉めれば、とりあえずこれ以上の水漏れの拡大は食い止められます。

■絶対にやってはいけないこと
トイレの水漏れの中で詰まりが原因というケースも多いです。排水管がつまったことで負荷がかかり、ひび割れやナットの緩みが起きるためです。そのほかには逆流して便器の汚水があふれてしまうことによる漏れも考えられます。このようなつまりが発生したときに、もう一度水を流そうと思ってしまいがちです。水圧をかけることで、異物なども流れるのではないかと考えるからです。しかしこれは絶対にやってはいけないことです。重度の詰まりが起きていると、水の行き場がますます失われます。そうなれば逆流が起きてしまって、便器から水があふれ出る結果につながりかねません。もし詰まってしまったのであれば、そのままにして速やかに水道工事業者を呼んだ方が賢明です。

■無理に自分でどうにかしようとしないこと

トイレの水漏れの原因の中には、配管をつないでいるナットが緩んでしまって発生しているケースもあります。この場合、このナットを閉め直すことで問題解決できます。このように素人でも対処できるようなトラブルがあるのは確かです。しかし中には自力ではどうにもならないようなトラブルもあります。例えば床が濡れているような漏れの場合、床下の配管で何らかの問題が起きているかもしれません。また、ウォシュレットが原因の水漏れもあります。このような電子機器の場合、原因を特定することは素人には難しいでしょう。さらに原因箇所があいまいなままなんとなく修理を始めてしまうと、症状が悪化する場合もあり得ます。

■まとめ
水の流れを止めてしまえば、とりあえずこれ以上の被害拡大は防げますから水漏れを自覚したら、まずこちらを実践することです。業者を呼ぶとお金がかかるからということで、自分で修理しようとする人もいるでしょう。しかし無理に作業すると、かえって症状がひどくなってしまうことも考えられます。水を止めて、どこで漏れが発生しているか確認しましょう。そして自分で対処できそうにない、自信が持てないというのであれば、速やかに業者を呼んで作業を依頼したほうがいいです。トイレは毎日使用するところなので、迅速に確実に直すことが大事です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース