トイレの便器と床の隙間の水漏れに注意

トイレのトラブルの中でも多いのが、排水管 水漏れです。どこで異常が起きているかで症状は異なりますが、便器と床の隙間から染み出すように汚水が漏れ出ることもあります。この場合どのように対処すべきか、いざという時の参考にしてみてください。

■ウォシュレットが原因で水漏れ

床が濡れているとびっくりして心配にもなるでしょう。しかし便器本体には問題がなく、ウォシュレットに問題が起きていることも考えられます。最近一般家庭でも設置している世帯が多いので、この手のトラブルも増えています。ウォシュレットと給水管の接続する部分が何らかの原因で緩んでしまって、そこから水が流れます。そして便器を伝って床に垂れていって、結果的に床が濡れてしまうのです。接続部分の緩みのほかにも、給水ホースの劣化なども考えられます。

■排水管や工事ミスの可能性も

もし床と便器の間から水漏れが起きている場合、排水管の劣化もあり得ます。長年同じものを使っていて老朽化し、ひび割れなどが起きていて漏れ出ているわけです。この場合、床をはがして問題の箇所を特定し、新しい配管と交換する必要があります。また新築や築浅の物件でこのようなトラブルが起きているようであれば、便器の設置不良も疑われます。便器と配水管の接続部分がずれてしまって、使い続けたことで漏水が起きるというものです。リフォームで便器交換した直後にこの手のトラブルが起きた場合も注意が必要です。

■まとめ
ウォシュレットの不良で起きている症状であれば、接続部分の設置し直しなど皆さん自身でも対処できるかもしれません。しかし配水管が劣化していたり、設置ミスによるものであればこれは素人が対応できるレベルの問題ではありません。もしこのようなトイレの症状に心当たりがあれば、速やかに水道工事業者に問い合わせるのが賢明です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ