トイレの水漏れの原因の一つの詰まり

トイレのトラブルが起きると使用できなくなるので、なかなか厄介です。その中でも多いのが詰まりによる排水管 水漏れです。その結果、水が逆流してしまい、最悪汚水があふれてくることもあります。詰まりの原因と症状について紹介します。

■このような症状に注意

トイレにおける水漏れの原因になるつまりですが、その中でもいくつか代表的な症状があります。まず注意しなければならないのは水位です。便器の中の水位が以前と比較して高い、なかなか元の位置に戻らない場合には排水の流れが悪くなっていると推測されます。また水の勢いが以前と比較して弱くなっている場合も注意が必要です。この状態でそのまま放置していると、便器の表面に汚れが付きやすくなります。そしてこれが積み重なると水の流れをせき止めてしまう恐れがあります。タンク側と便器側の両面でトラブルが起きると考えられます。

■なぜ詰まってしまうのか

固形物を便器に流してしまうと詰まりやすくなります。特に注意したいのはトイレットペーパー代わりに使用したティッシュペーパーや、掃除をしたときのウェットティッシュをそのまま流してしまう行為です。トイレットペーパー以外の紙は水に溶けないため排水管の中で詰まってしまう恐れがあります。また、生理用品やおむつなどの吸水性のあるものをトイレに流してしまうと、水を吸って膨らむため詰まりの原因となります。

■まとめ
トイレのつまりが原因で汚水が逆流し、水漏れを起こすパターンは決して珍しくないです。しかしそこに至るまでに異変が起こっているはずです。異常に気付いた段階で早めに対処すれば、大ごとにならずに済むでしょう。また、詰まらないように普段から心がけることも大事です。異物が排水管などに引っかかると大きな負担がかかりますから、その意味でも流さないように心がけることです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ