トイレの水漏れとレバーの故障

トイレで用を足して流すときにレバーを回すでしょう。通常であれば、手掛かりがあって回すと水が流れるはずです。しかし何らかの問題が起きていると、空回りするような感じでタンク内に水が流れ続けるような症状に悩まされることもあります。水が止まらず、水漏れを引き起こすことにもつながりかねないため、このようなトラブルの対処法についてみていきます。

■タンクの水位が多い

もしレバーの故障によってトイレが水漏れを起こしている場合、タンクの中を確認することです。タンクの中央付近にオーバーフロー管があり、その上部にWLや線が書かれているはずです。これが標準線と呼ばれるものです。ここに水位がくればいいのですが、この位置よりも多い場合があります。この時浮球を持ち上げてみましょう。もしこれで水が止まるのであれば、もともと水量が多くなっているのが原因です。止まらなければ、ボールタップ内のピストンバルブに水垢などの異物が溜まっていることが考えられます。その場合は分解して、中を掃除しましょう。

■タンクの水位が低い

逆に標準線よりも水位が低かった場合、レバーを回してみましょう。もし元の位置に戻るのであれば、フロートバルブに何らかの異常が起きているかもしれません。弁が外れているだけという単純なものもあれば、本体が劣化している可能性もあります。レバーを回しても元の位置に戻らず回ったままであるなら、レバーそのものが劣化により故障している可能性が疑われます。新しいものに交換するなどの対策を講じましょう。

■まとめ
レバーが空回りしているようであれば、まずはタンクの水位を見てみることです。標準線よりも上か下かでトラブルの原因の候補はこのように絞り込めます。業者を呼んで修理を依頼する際にもこのような状況を説明すれば、作業員もすぐに修理に取り掛かれるはずです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ